忍者ブログ
田舎暮らしも楽じゃないよ。庭木の手入れ・畑の草取り 虫にさされたり、かえるの鳴き声はうるさいし。                  でも、それもひっくるめて自然がいっぱい。
ご協力お願いします
ランキングに参加しました。できれば投票 お願いします。
人気ブログランキングへ

日記@BlogRanking
プロフィール
HN:
のんびりオヤジ
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/05
趣味:
サッカー、読書、料理
自己紹介:
世の中甘くないねぇー、晴耕雨読とは言えない現実。
のんびりやるしかないねぇー。
お得・納得情報
自分で試したもので、いいなぁと思ったものだけ紹介します。





フリーエリア
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

最新トラックバック
フリーエリア








ブックマーク


カウンター
[21] [20] [18] [17] [16] [15] [14] [12] [11] [10] [9]
             
     
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     
             
             
     
今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。
野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに 使ひけり。

名をば、さぬきの造となむいひける。
その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。
怪しがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。
それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。

翁、言ふやう、「我、朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて、知りぬ。
子となり給ふべき人なめり。」とて、
手にうち入れて、家へ持ちて来ぬ。妻の嫗に預けて養はす。

うつくしきこと限りなし。いと幼ければ籠に入れて養ふ。





なんて、光っているような竹はないので、かぐや姫はあきらめて、
竹炭なんぞ焼いてみようかと思案中。

切ってすぐの竹って訳にはいかない。半年くらいは寝かさないと。

こんな事もあろうかと、今年初めに切っておいた竹を使って
とりあえず、実験してみようと思う。

結果は、おいおいご報告いたしますー。
PR
     
             
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]