忍者ブログ
田舎暮らしも楽じゃないよ。庭木の手入れ・畑の草取り 虫にさされたり、かえるの鳴き声はうるさいし。                  でも、それもひっくるめて自然がいっぱい。
ご協力お願いします
ランキングに参加しました。できれば投票 お願いします。
人気ブログランキングへ

日記@BlogRanking
プロフィール
HN:
のんびりオヤジ
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/05
趣味:
サッカー、読書、料理
自己紹介:
世の中甘くないねぇー、晴耕雨読とは言えない現実。
のんびりやるしかないねぇー。
お得・納得情報
自分で試したもので、いいなぁと思ったものだけ紹介します。





フリーエリア
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
マイクロアドBTパートナーはブログやサイトに貼るだけ。お小遣いをゲットしよう!

最新トラックバック
フリーエリア








ブックマーク


カウンター
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
             
     
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     
             
             
     
komano

バーをたたき、上方に大きく弾んだ自らのシュートに、駒野は天を仰ぎ、頭を抱えた。駒野はこの場面を生涯忘れられないだろう。

うつむいてセンターラインの仲間の所へ戻る駒野を抱きかかえるようにして迎え、列の中へ招き入れたのは、大会前にその腕からキャプテンマークを剥奪された中沢だった。

5人目のキッカー、カルドソが決勝のゴールを決めると、歓喜の輪を抜けだし、1人のパラグアイ選手が駒野に駆け寄り、額をすりつけるようにして何かを語りかけた。自身4人目のキッカーとして落ち着いてゴール中央にPKを決めたアエドバルデスだった。おそらくスペイン語だったのだろう。駒野は何を言われているのか分からないはずだが、しきりにうなづいていた。気持ちは通じていたのだろう。

サポーターへのあいさつに駒野を背を押していざなったのは、稲本だった。努めて笑顔だった。駒野は笑顔を返すことはできなかった。それでも稲本は笑みを送り続けた。(産経新聞)

バッジオが、バレジが、ベッカムが、W杯じゃないけどヒデも
そして、県大会2回戦だけど わしもPKをはずした。

誰にでも起こり得る失敗である。が、はずした本人にとって大きな失敗である。
それを、乗り越えられるかどうかは、共に戦った仲間がいるかどうかにかかっている。
多くの仲間に支えられみんな立ち直ってきた。

どこかの国の国技。神事だといって礼を重んじているらしいけど
子供達に何を伝えているの?
国技だ、神事だ、伝統だといっても子供達に伝わるかナァー
信賞必罰だの、人生の難しさだのを教えてくれているのかな。

PR
     
             
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]